施設の紹介

  1. 児童養護施設 静岡ホーム
  2. > 施設の紹介

児童養護施設静岡ホームについて

市街地に近く、賤機山の麓にいだかれ、敷地内にはグラウンド、体育館(楓ホール)を備え、子どもたちがのびのびと暮らしています。また、公文式学習を取り入れるなど、子どもたちの自立に向けて学習面にも力を入れています。
地域に開かれた施設として、防災訓練などの地域行事や子どもたちの遊び場としてグラウンド等を開放しています。

事業目的

児童福祉法第41条に規定する「保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童」をお預かりして養育し、自立を支援します。 また、短期入所生活援助(ショートステイ)事業による地域の子育て支援や里親支援を行うとともに、福祉専門職養成校の実習生を受け入れ人材の育成を図ります。

所在地

住所 〒420-0001 静岡市葵区井宮町183番地
電話 054-271-2691
FAX 054-271-2692
Email yogo@shizuoka-home.or.jp

子どもたちの生活の場

  • 本体施設

    2歳から18歳までの子どもたちが生活しています。
    定員75人

    地域小規模児童養護施設「小鹿寮」

    地域の中で子どもたちが生活するグループホームです。定員6人

  • 学習棟

    子どもたちが公文学習等に取り組んでいます。 2階は実習生や退所児童の宿泊の場として活用しています。

    保育棟

    2歳から4歳児が就園前の準備として昼間保育を行っています。

    地域交流ホーム 楓ホール

    子どもたちと地域住民・支援者(団体)との交流及び
    スポーツ、文化活動の場です。

    園庭・ビオトープ

    子どもたちの憩いの場が整備されています。ビオトープにはメダカが元気に泳いでいます。

    グラウンド

    広い運動場で子どもたちはサッカーをしたり、おいかけっこをしたり、元気に走り回っています。

  • 遊具広場

    子どもたちはブランコやすべり台などで元気いっぱい遊んでいます。

子どもたちを支える職員

ページの先頭へ